INTERVIEW

具体的なアドバイスとノウハウの提案と、スピード感ある日々のオペレーションのリードで、採用目標を実現

今回インタビューを行ったお客様

グロース・アーキテクチャ&チームス株式会社

代表取締役社長 鈴木 雄介氏

貴社の事業内容、設立年、社員数などの説明をお願いします

 設立は2018年11月、業種としてはITコンサルティングになります。アジャイル開発の導入や、マイクロサービスという手法の技術的な面でのコンサルティング事業をやっております。社員数は16人です。

鈴木様のこれまでのご経歴や貴社での役職など、簡単な自己紹介をお願いします

 大学卒業後、IT系のシステム会社に入りました。その後は、ベンチャー企業でソフトウェア開発をやったり、フリーランスでプロジェクトマネージャーやアーキテクトをやったりとずっとエンジニア系の仕事に携わってきました。10年前に弊社の親会社になるグロースエクスパートナーズに入社、システム開発のマネジメントやアーキテクトを担当し、昨年11月にコンサルティング事業を新設分割という形で新会社を設立し、代表取締役に就任しました。

現在、貴社が採用しているポジションの概要を具体的に教えてください

 基本的にはコンサルタントとエンジニアを中心に採用しています。弊社のクライアントは、エンタープライズと呼ばれている大企業が中心になりますが、クライアントに対して、今で言うデジタルトランスフォーメーション、いわゆるデジタル化によって新しい価値を生み出していきたいというのが我々のミッションですので、それに共感いただける方を募集しています。実際のスキルセットでも、エンジニアリングやコンサルティングなどの経験を求めています。新卒採用はグループ全体でやっているので、弊社独自の採用としては中途採用を行っています。

現在、利用されている採用方法を教えていただけますか?

 転職サイトのGreenと、自社サイトの採用ページ、社員紹介(リファラル)の3つです。

採用アウトソースサービスを利用しようと思った、もしくは採用業務を外出ししようと思った理由をお教えいただけますでしょうか?

 現在行っている採用ルートは、今の会社を設立する前から私もやっていたのですが、運用負荷が高い。実際に、採用サイトでターゲットを絞ってこちらからスカウトメールを送り、返ってきたメールに対してすぐに返信をして、アポイント取りをするといった採用業務全般の負荷がとても高く、それは片手間でできるような業務量ではありません。
 特に現在は、採用される側が強い売り手市場なので、優秀な人材の取り合いになっているため、早くアクションを起こさなければいけない。そのスピード感についていくためには、採用業務専任の人が欲しいというところがひとつあります。
 ただ、社内でもいろいろとやってみたものの、その経験がある人間がいなかったり、専任にすると時期によっては業務が少なくなってしまったりとバランスが悪い。そこで、採用業務だけをやっていただける会社さんがあるのであれば、是非そこはお願いしたいと思いました。

【TARGET】のご利用に際して、類似サービスと比較検討されましたか? もし比較検討された場合、【TARGET】のご利用をご決断いただいた理由は何でしたか?

 はい。比較検討はしました。いろいろな伝手でご紹介があったというのもありますが、細かく言うと、他のサービスでは誰がオペレーションをしてくれるのかが見えにくかったんです。【TARGET】の方が、人事採用の業務についてのスキルセットや、オペレーションがより明確で、弊社が何をしたいのかの理解力が高いのでは…と感じ、お願いしました。

具体的に【TARGET】を使って良かった点、助かっている点を教えていただけますか?

 全般的に、アプローチをかけてそれに反応するスピード感、日々オペレーションを回していくところをリードしていただいているのがいちばん大きいですね。また、媒体を選ぶところから始まり、オペレーションの時間配分、検索条件のアドバイスなどのノウハウもご提案いただけたのも非常にありがたいです。加えて、「これくらいの人数をターゲットにしないと内定には至らないですよ」といった具体的なプロセスも含め、コンサルティング的なこともしていただいているので、そういう点でも助かっています。12月からお願いして約半年。3月からは毎月ひとりずつ採用できているので、我々としては目標通りです。

ありがとうございます。では、【TARGET】に対して、もっとこんな業務も担ってほしい、こんなサービスもあったら良い、というようなご要望はありますか?

 採用を強化していく中で重要なのは、我々としての魅力を出していくためのコンテンツ作りだと考えています。きっかけは転職サイトでもSNSでもリファラルでもいいのですが、そこで何かを感じて検索してもらった時に、さらにもう一歩踏み出してもらう、興味を持ってもらうためのコンテンツですよね。
 ただ、オウンドメディアのコンテンツの作成までアウトソースすると、我々として伝えたい事が薄くなってしまうので、そこは社内で魅力あるコンテンツ作りを頑張っているところです。その際に、どういうコンテンツが引きになるのか、また、コンテンツ施策の部分のアドバイスなど、採用サイトの運営コンサルティングみたいな感じになりますが、そんな部分がプラスアルファであったらうれしいですね。

PROFILEお客様のプロフィール
代表取締役社長 鈴木雄介氏

流通系システム会社、ベンチャー、フリーランスのアーキテクトなどを経て、2008年グロースエクスパートナーズ株式会社の創業に参画。2018年11月よりアジャイルやマイクロサービスのコンサルティングに特化するために、グロース・アーキテクチャ&チームス株式会社を設立し、代表取締役に就任。

サービスのお申し込みはこちらから

ご相談やご質問などもお気軽にお問い合わせください

まずはお問い合わせください