INTERVIEW

日程調整や各コミュニケーションタスクをプロに任せることで、人事担当は採用や育成の設計に専念

今回インタビューを行ったお客様

株式会社ギャプライズ

HR推進室室長 長谷川 裕氏

まずは簡単に貴社の事業内容、設立年、社員数などの説明をお願いします

 弊社は、デジタルマーケティング支援企業です。顧客企業のWebビジネス成果を最大化するための、Web戦略策定や広告集客、Webサイトの成約率向上を非常に得意としています。イスラエルを中心とした海外のデジタルマーケティングテクノロジーを活用することで、当社にしかできない「最先端テクノロジー×情熱的なヒトのチカラ」によるWeb改善が可能となっており、顧客業界を特定せず、成果に直面し続け、実績を蓄積しています。
 創業は2005年1月ですので、先日15周年を迎えました。現在、正社員が約70名、アルバイトを含めると約90名になります。

長谷川さんのこれまでのご経歴や貴社での役職など、簡単な自己紹介をお願いします

 大学卒業後は、新卒で大手アパレル企業に入社しました。売り上げ成績も順調で仕事は楽しかったのですが、家庭の事情でかなりの急ぎ目で転職せざるを得ない状況に。
自分に何ができるだろうと考えたときに、人と直接コミュニケーションが取りたい、その人自身の人生のターニングポイントに関われる仕事がしたいと思い、キャリアチェンジを決意。事業会社の人事職か人材紹介会社で迷った末に、大手通信会社の人事に転職しました。
 転職後は本社や子会社の中途採用から教育企画、制度設計や人事システムの構築、管理本部の立て直し、新規事業立ち上げなど、最終的には人事だけでなく様々な業務に携わりました。
 その後、飲食店向けプラットフォームの運営会社での管理部門を経て、昨年9月にギャプライズにジョインしました。現在は、採用と育成と採用広報を担当しています。採用担当は自分ひとりなので、弊社代表はもちろん、Attackさんとも一緒に採用戦略設計から面接のオペレーション、内定を出す際のオファー面談、迎え入れなどを行っています。育成は入社後の配属前後の社員へのオンボーディングを各部署と連携しながら作っています。採用広報は主にWantedlyでの記事発信などになります。こちらもAttackさんにご支援いただいている部分ですね。

具体的に貴社が採用しているポジションの概要を教えてください

 入社後は、2020年度の新卒4名、中途採用ではテクノロジーソリューション事業2名、WEBマーケティング事業3名を採用し、引き続き採用はおこなっていく予定です。自身の夢や目標があって、他社比較をした上でなぜギャプライズなのか、入社後は何がしたいのかが明確である人とこれからも出会いたいと思っています。

現在、利用されている採用方法をお教えいただけますか?

 転職メディアと人材紹介会社がメインになります。メディアはWantedly、Green、openworkが主軸で、アクティブな紹介会社は5、6社。一部、リファラル(社員紹介)も動いてはいますが、社内での活性化はまだこれからといったところです。

採用アウトソースサービスを利用しようと思った、もしくは採用業務を外出ししようと思った理由をお教えいただけますでしょうか?

 私が、採用や育成の設計という本質的な領域に着手できるようにしたかったからです。利用する前までは、転職メディアや紹介会社、候補者などとのコミュニケーションや日程調整に忙殺されてしまい、その領域までなかなか到達できていませんでした。

TARGETのご利用に際して、類似サービスと比較検討されましたか?

 信頼している方からの紹介だったので、他社比較はしませんでした。人に依存する領域が多い業務では、サービス内容や価格よりも人対人の相性を重要視しています。

採用業務というと、他にも「人材派遣やアルバイトの活用」「採用担当者を雇う」「自社の社員で賄う」などの代替手段があるかと思いますが、それでも【TARGET】のご利用をご決断いただいた理由は何ですか?

 仕事はプロとやりたいと思っているというのが大きな理由です。また、日程調整や各コミュニケーションタスクをプロに任せることで、自分の責任領域を明確に設定し、「忙殺されていてできませんでした」という免責をなくしたかったというのもあります。

具体的にTARGETを使って良かった、助かっている点を教えいただけますか?

 自分がやらなくてはいけない、先ほども言った採用や育成の設計という本質的な仕事に集中できるのがいちばん大きいです。経験によるノウハウの蓄積もお持ちなので、立ち上げも仕組化も早いですし、細かい指示も要らない。マネージメントコストが違うというも、使って良かったなと実感するところですね。
 また、ある意味同じ組織のメンバーのような意識で仕事ができるので、あまり切り出しているという感覚もないんです。社内でのコミュニケーションもオンラインが多いですし、文章だけで読み取れなかったら、社内なら直接話に行くところを電話するのとの違いくらいです。

ありがとうございます! 他に、もっとこんな業務も担ってほしい、こんなサービスもあったら良い、というようなご要望はありますか?

 担って欲しいのは具体的な業務やサービスというよりも、もっと積極的に意見や提案をしていただけると嬉しいですね。少し遠慮があるのか、「これでどうでしょうか?」という感じなので、「これで行きましょう!」と力強く来て欲しいです。もちろん僕にも意見はあるので、議論のぶつけ合いというか、良い意味でケンカがしたいと思っています(笑)。
 弊社が顧客ではありますが、上下の関係ではなく並列、パートナーだと思っていますし、他社様の採用にも携わっているからこそ、現在進行形で様々な会社のノウハウが蓄積されていると思うので、それをフルに生かした、もっと積極的なコミュニケーションを期待しています。

PROFILEお客様のプロフィール
株式会社ギャプライズ HR推進室室長
長谷川 裕氏

大学を卒業後、大手アパレル企業に販売員として入社。 その後、大手通信会社で人事にキャリアチェンジし、採用から研修、制度設計、労務管理など人事全般を経験。 飲食店向けプラットフォームの運営会社での人事を経て、2019年9月、ギャプライズに参画。 現在はHR推進室 室長として採用と育成を主に担当。

サービスのお申し込みはこちらから

ご相談やご質問などもお気軽にお問い合わせください

まずはお問い合わせください